気をつけるポイント

洗顔

よく泡立てて洗うこと

洗顔は、スキンケアをする上でとても重要な意味を持っています。化粧水や美容液、クリームといくつも基礎化粧品を使ってスキンケアをしても、肝心の洗顔が疎かになていては、あまり意味がありません。洗顔の基本的な役割は、古い角質や余分な皮脂、大気中の汚れなどを落として清潔に保つことです。ここがきちんとできていないと、毛穴詰まりを起こしてニキビができたり雑菌が繁殖してかぶれたりと、さまざまなトラブルを起こす可能性があります。また、きちんと角質や皮脂、汚れを落としていたとしても、洗顔の方法によっては肌に大きなダメージを与えることがあるのです。たとえば、洗浄力や脱脂力が強すぎる洗顔料を使った場合、肌の状態を保つのに必要な皮脂まで落ちてしまいます。すると、水分と皮脂のバランスが崩れ肌が乾燥してしまい、かゆみや赤み、シワなどを招く恐れがあります。また、乾燥した肌は皮脂を過剰に分泌して補おうとしますので、べたつき、ニキビができる可能性もあります。洗顔料を十分に泡立てずに顔を洗った場合、摩擦によって肌がダメージを受けます。摩擦によるダメージはメラニン色素の過剰生成を招き、色素沈着を起こしてシミやくすみとなって表れることがあります。洗顔料は、洗浄力が強すぎない弱酸性の製品を選ぶことが大切です。そして、洗うときはしっかり泡立てるようにしましょう。泡がクッションとなって摩擦から肌を守ってくれます。洗顔後は、化粧水や美容液でしっかりと保湿しましょう。それだけでは蒸発してしまいますので、乳液やクリームでカバーすることも必要です。つけるときはパッティングはせず、手のひらにだして人肌に温め、そっと顔を覆うようにして丁寧につけると良いでしょう。