顔の正しい洗い方とは

顔を洗う女性

注意したい3つのポイント

洗顔は、顔に付着した汚れや余分な皮脂をすっきり落として清潔に保つ大切な役割を担っています。きちんと洗わなければ、雑菌が繁殖してかぶれたり皮脂が毛詰まりを起こしてニキビができたりと、さまざまなトラブルが起こるでしょう。そのため、朝晩の洗顔はとても重要です。しかし、間違った方法での洗顔を続けていると、肌に負担をかけてトラブルを招くこともあります。正しい洗い方を心がけることが大切です。間違った方法とはどういうものかというと、洗顔料を十分に泡立てないまま顔につけている、ごしごしこすっている、洗浄力の強すぎる洗顔料を使っているといったことが挙げられます。泡は顔と手の間に入るクッションとなり摩擦を避けることができること、泡状にすると汚れともよくなじみ、毛穴にも入り込んでするりと落とすことが可能なことなどからとても大切です。ごしごしこするのは肌にダメージを与えてる行為ですからよくありません。肌がダメージを受けると、バリア機能が低下して乾燥しやすくなったり外部刺激に弱くなったりします。また、洗浄力の強さは重要なポイントです。オイリー肌でべたつきやニキビがきになる人ほど洗浄力の強い洗顔料を好みますが、これは肌が必要としている皮脂や潤いまで落としてしまうためよくありません。必要な皮脂まで落ちた肌は水分を保持できず蒸発させてしまい、乾燥します。乾燥した肌は過剰に皮脂を分泌することで補おうとしますので、カサカサなのにべたつくという最悪のコンディションになることがあります。低刺激でマイルドな洗浄力の洗顔料を選びましょう。なお、朝は汗や皮脂を落とすだけですので、ぬるま湯のみで洗顔しても問題はありません。顔を洗った後はすぐに基礎化粧品を使って保湿することが大切です。化粧水だけでは蒸発してしまいますので、乳液やクリームなども使うようにしましょう。