美肌を維持するために

女性

クレンジングとは異なる

美肌を維持するためには、毎日のスキンケアが欠かせません。洗顔もその一つです。クレンジングはメイクなどの脂汚れや毛穴に詰まった角栓や黒ずみを落とす目的のもので、主に油性の汚れを落とします。洗顔は、クレンジングとは異なり、余分な皮脂や汗、顔に付着したホコリなどを取り除く目的のもので、主に水性の汚れをきれいにするものです。それぞれ特徴が異なるので、薄くでもメイクをしたときにはクレンジングをしないとメイク汚れが落ちません。またクレンジングをすれば洗顔しなくても大丈夫、と思いがちですが、特徴が異なるので水性の汚れが落ちません。例えば日焼け止めだけで過ごした場合、クレンジングと洗顔のダブルで洗わないとしっかり汚れが落ちないのです。またクレンジングや洗顔をするときは、できるだけ肌に負担をかけないように洗うことが美肌を維持する秘訣といえます。肌は刺激や摩擦が起こるとメラニン色素を発生させます。メラニンはシミやくすみの元となり、垢として排出されなければ色素沈着して肌に残ります。できるだけクレンジングや洗顔料をよく泡立て、泡で包み込むように、指のお腹を使って優しく洗い流すことが大切です。そしてしっかり汚れを落とした後は、保湿ケアが欠かせません。乾燥した肌は肌トラブルを起こしやすく、新陳代謝も乱します。古い角質や余分なメラニンを排出することができません。常に新しい細胞を生成するには、肌の保湿がとても大事なのです。