女性

洗浄力の控えめな石鹸

肌質改善をしたい場合、洗顔フォームではなく洗顔石鹸に切り替えてみましょう。石鹸は洗浄力が弱く必要な皮脂を洗い流さないので安心です。選ぶ石鹸は肌質に合う成分が配合されているタイプの石鹸を選ぶのが効果的です。

泡

種類をチェックしよう

洗顔料は大きく分けて6つの種類に分類されます。定番のフォームタイプや固形タイプ、またジェルやミルクタイプなどが挙げられます。酵素タイプはスペシャルケアとして使う洗顔料です。自分の肌質に合わせて洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔

気をつけるポイント

洗顔はスキンケアの重要ポイントです。おろそかになると、清潔が保てずにニキビや炎症などのトラブルを招きます。また、洗浄力が強すぎる洗顔料を使うと乾燥を招きますし、よく泡立てずに洗うのも摩擦となります。弱酸性で低刺激な洗顔料を使って、よく泡立てて洗うことが大切です。保湿もしっかりしましょう。

女性

美肌を維持するために

美肌を維持するためには毎日のスキンケアが大切になります。洗顔はクレンジングとは異なり、皮脂や古い角質など水性の汚れを落とすという特徴があります。クレンジングとは落とせる汚れが異なるので、薄くでもメイクしたり日焼け止めを使用した場合は、クレンジングと洗顔の両方が必要です。

顔を洗う女性

顔の正しい洗い方とは

洗顔する際は、洗顔料をよく泡立てること、こすらないこと、洗浄力がマイルドな洗顔料を使うことなどに気をつけましょう。よく泡立てることでクッションとなり、顔と手の摩擦を避けられます。洗浄力が強すぎると肌が必要としている皮脂や潤いまで落としてしまいますので、マイルドな洗浄力のものを選ぶことが大切です。

酵素配合の特徴

泡

古い角質を除去できる

スキンケアをしても何となく肌のざらつきを感じる・・という場合、古い角質が溜まってしまい、ざらつきを起こしているかもしれません。通常、古い角質は肌のターンオーバーという機能で自然と剥がれ落ちますが、加齢やストレスなどによって、ターンオーバーの働きが低下することがあります。ターンオーバーがスムーズに行われなくなると、古い角質が上手く剥がれ落ちなくなり結果、ざらつきとなってしまうのです。肌がざらざらするというときは、いつも使っている洗顔料を変えてみるのがおすすめで、特に「酵素洗顔料」は古い角質対策に良く効きます。酵素洗顔料は文字通り酵素を配合しているもので、酵素の力によって古い角質を落とすという働きがあります。酵素にはタンパク質と脂質を分解するという作用があり、この2つの作用によって古い角質を除去できるのです。パパイン酵素やプロテアーゼという酵素が使われており、多くの商品はパウダー状になっているという特徴があります。早い人であれば使い始めの1回から2回程度で、肌のざらつきが解消されたと感じるほど、酵素洗顔は効果に優れています。また、ざらつきだけでなく角質を除去することによって、肌のトーンをワンランクアップすることも可能です。ただし、毎日のように酵素洗顔を使ってしまうと、肌に必要な角質まで落としてしまうことになり、肌トラブルを招いてしまうかもしれません。酵素洗顔は1週間に1回から2回と使用を制限して使うことが、肌トラブルを起こさないためにも覚えておきたいポイントです。